シャドウバース ルームマッチのやり方は?

「シャドウバースのルームマッチのやり方」

に関する記事になります。

 

いつもご訪問ありがとうございます。

 

シャドウバースにはルームマッチ機能が
搭載されていますが、この機能は一体
どんな機能なのでしょうか?

 

なので今回は、
シャドウバースのルームマッチのやり方
について紹介していきますね。

 

▼ルームマッチとは?

 

シャドウバースでのプレイは
大きく分けると3つに分かれていて、

 

メインストーリーに沿って
各クラスの操作を行うソロプレイ。

 

ランク変動なしのフリーマッチや
ランクを競いあうランクマッチなどの
バトルプレイ。

 

2Pickという30枚のランダムデッキで
バトルをすることができるアリーナ。

 

この3つのシステムで構成されています。

 

この中でルームマッチは
特定のユーザーと対戦する
バトルの分類に入ります。

 

ルームマッチは、

 

ユーザーIDまたはフレンド招待

 

これで、特定の相手とバトルが可能なメニュー。

 

同じバトルのランクマッチでは
相手がランダムで決まるので
どんな相手と戦うのかっていう
ワクワクした感じが楽しめますが、
ルームマッチでは、そのランクマッチで
戦ったユーザーにフレンド申請し、
そのフレンド申請が承認されれば
今度はランダムじゃなくて指定して
バトルをできるようになります。

 

前回、負けた相手なら
格上の敵ということになるので
ルームマッチはバトルの腕を磨くのに
かなり有効なシステムでもあります。

 

ルームマッチはプレイするのに
アリーナと違ってルピやチケットなどを
消費することがないので
こころおきなく、フレンドと
バトルを楽しむことが可能です。

 

▼ルームマッチのやり方は?

 

◆ルームマッチのやり方の流れ

1、メニューバーからバトルを選択

2、バトル画面でルームマッチを選択

3、「ルームを作る」or「ルーム」に入るを選択

4、通常対戦または2Pick対戦を選択

 

ルームを作る場合は、
フレンドから対戦相手を招待するか、
ルームIDを相手に伝えルームに
招待しましょう。

 

あとはバトルで使うデッキ等を選択し、
準備完了ボタンを押してバトルスタート!

 

◆フレンドの申請方法

ルームマッチをやりたくても
フレンドがいないと
ルームマッチができないですよね。

 

そのフレンド申請がわからなければ本末転倒。

 

フレンドの申請方法は、
その他のメニューに
「フレンド」の項目があります。

 

シャドウバースプレイヤーが
友達などにいなければ、
戦ったことのあるユーザーを選択し
フレンドの申請を行っていきましょう。

 

身近な友達などが
シャドウバースをプレイしていれば
ユーザー検索からユーザーIDを入力し
探してフレンド申請しましょう。

 

※ユーザーIDの確認方法

その他のプロフィール画面の
右上付近に表示されています。

 

▼ルームマッチのやり方まとめ

 

今回はルームマッチのやり方について紹介していきました。

 

シャドウバースなどの
カードゲームは他の全国のプレイヤーと
一緒にバトルを楽しめる機能があるので
さらにゲームを楽しめます。

 

さらに、自分の腕が
どれほどのものなのか
実力を試す機会でもあります。

 

上には上がいるので
自分が最強だ!と思っている方は
まずは全国の猛者にボコボコに
されてみるのもありだと思いますよ。笑

 

ちなみに、リセマラの当たりカードや
最強デッキに関する情報を
こちらでも紹介しているので
一緒に参考にしてみてくださいね^^

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキはこれ!?

⇒ リセマラの当たりカードランキング!

 

<シャドウバースおすすめ攻略情報>

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキランキング&関連デッキはこちら

⇒ リセマラ当たりカードランキングはこちら

⇒ シャドウバースの攻略記事!まとめ一覧でチェック♪

ところで・・・

今シャドウバースのクリスタルが無料でもらえる裏ワザがあるのを知ってますか?

>>シャドウバースのクリスタルを大量GETする裏ワザはこちらから

私もこれでレジェンドのエンシェントエルフやケルベロスなどをゲットし、いろんな種類のデッキを作って、ストーリー攻略などのいろいろと楽しんでます( ´ ▽ ` )ノ

無料で参加できるので、本当に参加しておくのがおすすめですよ♪

>>シャドウバースのクリスタルをGETして最強デッキを作っちゃおう!

シャドウバースのやり過ぎで睡眠不足には注意してくださいね((´∀`*))

関連記事はこちらです!

 

スポンサードリンク




コメントを残す