シャドウバース ダークドラグーン・フォルテの評価&使い道

「シャドウバースのダークドラグーン・フォルテの評価&使い道」に関する記事になります。

フォロワーカードである
「ダークドラグーン・フォルテ」の評価や効果、
入手方法などについて紹介していくので
参考にしてみてくださいね。

 

▼ダークドラグーン・フォルテのカード情報

◆ダークドラグーン・フォルテの基本情報

種類:フォロワー
レア度:レジェンド
クラス:ドラゴン
タイプ:ー
コスト:6
攻撃力(進化後):5(7)
体力(進化後):1(3)
入手方法:スタンダードパック、レッドエーテル生成

 

◆カード効果

進化前:
疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

進化後:
疾走
覚醒 状態なら、このフォロワーは攻撃されない。

※疾走:
場に出たターンに攻撃可能になる。

※覚醒:
自分のPPの最大値が7以上の状態。

 

▼ダークドラグーン・フォルテの評価&使い道

 

◆ダークドラグーン・フォルテの評価

 

◇高火力&疾走で一気に攻め落とす

フォルテの疾走と
攻撃力7(進化後)の高火力の
組み合わせが相性抜群。

 

進化後は攻撃力が7になり
相手の体力を一気に減らせるので
勝率が一気にアップします。

 

フォルテはPPの最大値が7以上の
覚醒状態の時には相手フォロワーの
攻撃を受け付けないので
相手がフォルテの除去対策を
行っていない限りは
フォルテだけで一気に勝ちを決める
フィニッシャーにもなれます。

 

◇進化しないと対策されやすい

エルフ対策としてよく活用される
エンジェルバレッジで
対策されやすいのに気をつけないといけません。

 

エンジェルバレッジは
相手のリーダーと相手のフォロワー
すべてに1ダメージを与える効果
持っているので、
進化前のフォルテでは
あっさり対策されてしまうので
注意してくださいね。

 

いけると思った時に限って
対策されたりするので
油断しないようにしましょう。

 

◆ダークドラグーン・フォルテの使い道

 

◇ドラゴンデッキのフィニッシャー

フォルテはランプドラゴンや
フェイスドラゴンなどの
いろんなドラゴンデッキで
活躍できるカード。

 

竜の託宣や竜の伝令などを活用し、
中盤以降から場にフォルテを出し、
一気に攻めていく流れになります。

 

フォルテが複数枚、手札にあれば
勝率もかなり安定してくると思います。

 

組み合わせとしては
ウルズとの相性がかなり良く
ウルズの効果を利用すれば、
再度、場にフォルテを出し、
疾走効果を発動できるので
相手に1ターンで大ダメージを
与えることも可能になります。

 

不利な状況を一気に打開できる
強力な組み合わせですね。

 

◇ダメージ計算をしっかり行う

あと何回で殴れば倒せるかを計算してプレイする

フォルテは場に出すのに
比較的重めの6コストが必要で
このコストを支払って
場に出したにもかかわらず、
あっさり、低コストの除去カードで
対策される可能性もあります。

 

なので、フォルテを場に出す時は
相手ライフを削りきれるかどうかを
計算してからの方が
バトルも安定してくると思います。

 

こういう戦略的なところも
楽しみの一つですね^^

 

◆採用されるデッキ

・ミッドレンジドラゴン
・ランプドラゴン
・フェイスドラゴン
・OTKドラゴン
・庭園バハムート
・疾走ドラゴン
・ディスカードドラゴン
・オリヴィエドラゴン
・サタンドラゴン

 

ちなみに、リセマラの当たりカードや
最強デッキに関する情報を
こちらでも紹介しているので
一緒に参考にしてみてくださいね^^

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキはこれ!?

⇒ リセマラの当たりカードランキング!

⇒ クラス『ドラゴン』の最強デッキは?

 

<シャドウバースおすすめ攻略情報>

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキランキング&関連デッキはこちら

⇒ リセマラ当たりカードランキングはこちら

⇒ シャドウバースの攻略記事!まとめ一覧でチェック♪

ところで・・・

今シャドウバースのクリスタルが無料でもらえる裏ワザがあるのを知ってますか?

>>シャドウバースのクリスタルを大量GETする裏ワザはこちらから

私もこれでレジェンドのエンシェントエルフやケルベロスなどをゲットし、いろんな種類のデッキを作って、ストーリー攻略などのいろいろと楽しんでます( ´ ▽ ` )ノ

無料で参加できるので、本当に参加しておくのがおすすめですよ♪

>>シャドウバースのクリスタルをGETして最強デッキを作っちゃおう!

シャドウバースのやり過ぎで睡眠不足には注意してくださいね((´∀`*))

関連記事はこちらです!

 

スポンサードリンク