シャドウバース カードの種類一覧

「シャドウバースのカードの種類一覧」に関する記事になります。

 

シャドウバースは合計3種類の
カードから構成され、
その中で役割を決めながら
デッキを構成していきます。

 

なので、今回はこのカードの
種類を一覧にして紹介しいていきますね。

 

▼カードの種類は?

 

シャドウバースには

 

フォロワー

スペル

アミュレット

 

基本はこの3種類のカードで構成されています。

 

これらのカードから
ビショップやドラゴンなど
クラス別に分かれたり、
レア度ごとに分けられたりします。

 

では、まず上記3種類の
基本のカードについて紹介します。

 

◆フォロワー

引用:https://gamy.jp/shadowverse/shadowverse-fearyprincess

 

シャドウバースでバトルを
行うのに必須になり、
敵のリーダーまたはフォロワーを
攻撃して敵の体力を0にするために
実際に場に出して戦うカードになります。

 

コスト:
カードの左上の緑で表示されている数値。
リーダーはこの表示数値のPPを
消費することでカードを使用できるようになります。

攻撃力:
カードの左下の数値で
フォロワーが攻撃すると
この数値分だけ敵にダメージを
与えることができます。

体力:
カード右下の数値で
敵フォロワーから攻撃を受けると
敵フォロワーの攻撃値分、
数値が減少していき、
体力0になるとカードが破壊されます。

能力:
画面右の詳細部分に表示されているのが
カードの能力になります。
この能力もうまく活用することで
バトルの勝敗が大きく変わってきます。

進化前能力:詳細画面の上段

進化後能力:詳細画面の下段

 

また、全フォロワーは
バトルが経過していくと
進化が可能になり、
より攻撃力や体力がアップして
強化されたり新しい能力を
習得する場合もあります。

 

この進化のタイミングも
バトルの勝敗を決めるのに
重要なポイントになります。

 

◆スペル

使用することで詳細画面の
スペルの能力に関することが発動し、
墓地に置かれる使い捨てのカードになります。

 

◆アミュレット

使用してもそのままフィールドに
残った状態で、詳細欄に記載のある
能力が発動しバトルのサポートを
してくれるカードになります。

 

フォロワーと違い、
攻撃することもできませんし、
攻撃されることもありません。

 

▼全7クラス別カードの特徴は?

 

次にシャドウバースで
入手できるカードの
全7クラス別の特徴を
紹介していきます。

 

◆エルフの特徴

フェアリーを手札に
追加可能なカードが多く、
数を活かした量をメインにする
デッキ構築になるのが特徴。

 

前もってフェアリーを
手札の中にたくさん入れておき、
そのフェアリーを状況によって
使い分ける戦い方が主流になり、
バトル序盤から終盤まで
力を発揮できるデッキも作れます。

 

◆ロイヤルの特徴

1枚のカードで複数のフォロワーを
出すことが得意なクラス。

 

ロイヤルのカードは
「指揮官」タイプのカードで
「兵士」タイプを強化したりと
二種類のタイプを組み合わせて
デッキを構築することで
バトルのアドバンテージを大きくして
戦うことが可能になります。

 

この2種類のタイプを組み合わせた
ロイヤルデッキは低いコストでも
ダメージを積み重ねれるので
シャドバ序盤から中盤にかけて
どちからというと短期決戦で
バトルを決める戦い方が多くなります。

 

◆ウィッチの特徴

ウィッチ独自の効果で
「スペルブースト」や「土の印」などの
大量のスペルカードをメインとした
デッキが多くなります。

 

スペルブーストを活用した
スペルメインのデッキ構築が主で、
自然とスペルの割合が増えてきます。

 

なので、手札を引くスペルと
低コストのスペルで着実にカードを引き
手札のカード不足や事故率を
下げる必要があります。

 

長期戦になれば最強クラスの
デッキになるのが特徴ですね。

 

◆ドラゴンの特徴

バトルの序盤にPP(プレイポイント)を
増加する能力を使用して、
敵よりもコストの高いカードで
戦っていくのがポイント。

 

いかにも強そう!というカードで
デッキを構築したい方にはおすすめ。

 

というのも、
PP7超えになると覚醒が発動し、
デッキに入れたフォロワー次第では
覚醒後に大きく能力が
パワーアップする場合があり、
一撃で敵のライフを減らしたり
というのも可能になります。

 

最初の手札を引く段階で
PP増加が手札を
引き直していくのが重要で
ギャンブル的な要素もありますね。

 

◆ネクロマンサーの特徴

ネクロマンサーはフォロワーや
スペルを使用することで
「墓場」にコストが溜まっていきます。

 

この墓場に溜まったコストを消費して、
「ネクロマンス」の能力持ちの
カードの追加効果が発動可能になります。

 

このネクロマンスの能力を活かして
強力な能力を発動して
バトルを優位に進めることができるのが
特徴になります。

 

なので、長期戦にもつれ込み
墓場のコストが大きくなるほど
追加効果の発生発動が簡単になります。

 

強力なフォロワーが
ネクロマンサークラスには
豊富に揃っており、
オールラウンダーなクラスでもあるので
序盤から終盤まで攻め続けれるような
デッキ構築も可能になります。

 

◆ヴァンパイアの特徴

自身のデッキのリーダーの体力が、
10以下になった時に発動可能な
「復讐」という独自の能力があります。

 

その溜まったライフが10以下になると
かなり強力になるのが特徴。

 

ヴァンパイアはこの復讐状態の時に
フィールドにカードを出すことで
効果が発動するカードが
戦いの主軸になります。

 

なので、自ら自身のリーダーの
体力を削ることで、
敵の体力にもダメージを与えれる
カードが多いのも特徴になります。

 

バトル序盤から敵への攻撃を
ガンガン行うことを意識し、
復讐効果さえ発動できれば
低コストでも強力なデッキになるので
高コストでデッキを構築しないように
注意してくださいね。

 

◆ビショップの特徴

アミュレットの効果で
「カウントダウン」を持つ
カードをメインとして
デッキを構築していきます。

 

カウントダウンの効果を持つ
アミュレットは自身のターン開始後、
カウントダウンが1進み、
0になるとカードが破壊され
強力なフォロワーを召喚できるなど
バトルにはもってこいの
優秀な戦い方ができます。

 

守護や回復など守りも硬い
クラスでもあるので、
バトルの序盤さえ耐えきれば
バトル中盤から強力なカードで
フィールドをビショップの独壇場に
することができます。

 

なので序盤を安定して耐久できる
デッキ構築がポイントで
長期戦になればなるほど有利になります。

 

▼まとめ

 

今回は「カードの種類一覧」について紹介していきました。

 

カードにはバトルで勝つための
重要な役割がそれぞれあり、
クラス別でカードの能力や特徴も
全く変わってくるので
好みのいろんなデッキを作って
楽しんでみるといいですよ。

 

使えないと思ったカードが
ちょっとした工夫で
強力なデッキにもなったりするので
試行錯誤をして脳みそを
すり減らしてみてくださいね。笑

 

ちなみに、リセマラの当たりカードや
最強デッキに関する情報を
こちらでも紹介しているので
一緒に参考にしてみてくださいね^^

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキはこれ!?

⇒ リセマラの当たりカードランキング!

 

ちなみに、
最強クラスのカードをGETし、
強力なデッキを作るにも
ガチャをたくさん回して
たくさんパックをあけて
デッキ構成に必須のカードを
ゲットしないといけませんよね。

 

当たりレジェンドをゲットして
強力なデッキを組んで
高難易度のストーリーや強敵を
ガンガン倒していきたい!

 

そんなあなたには、こちらの方法がおすすめですよ^^

▶︎クリスタルを無料で貯めて強力カードをGETできる!?

 

私もこの方法で当たりの
レジェンドをゲットして
好きなパーティーを組んで
楽しんでるので試してみるといいですよ♪

 

<シャドウバースおすすめ攻略情報>

⇒ シャドウバース攻略!最強デッキランキング&関連デッキはこちら

⇒ リセマラ当たりカードランキングはこちら

⇒ シャドウバースの攻略記事!まとめ一覧でチェック♪

ところで・・・

今シャドウバースのクリスタルが無料でもらえる裏ワザがあるのを知ってますか?

>>シャドウバースのクリスタルを大量GETする裏ワザはこちらから

私もこれでレジェンドのエンシェントエルフやケルベロスなどをゲットし、いろんな種類のデッキを作って、ストーリー攻略などのいろいろと楽しんでます( ´ ▽ ` )ノ

無料で参加できるので、本当に参加しておくのがおすすめですよ♪

>>シャドウバースのクリスタルをGETして最強デッキを作っちゃおう!

シャドウバースのやり過ぎで睡眠不足には注意してくださいね((´∀`*))

関連記事はこちらです!

 

スポンサードリンク